FC2ブログ

タイトル画像

2017年1月3日足柄下郡箱根町金時山移動運用

2017.01.03(22:55) 106

20170103-00.jpg
あけましておめでとうございます!今年もYSSCをよろしくお願いします。

2017年の新春を飾る移動運用は、非公認部「登山部」による、新春富士観望移動運用です。目的地は、箱根町の金時山です。
参加は、JF1PMF平川、JK1WQE酒井、JF1PYL金森、JG1LPK北村、JQ1UCA津島の5名です。

2017年1月3日、穏やかな晴天の朝です。6時半に大船を出発し、国府津から御殿場線に乗り換えて御殿場に向かいます。金時山の登山口は箱根側からが一般的ですが、箱根駅伝の影響も考慮し、鉄路で近くまで移動し、1日2本しかない箱根登山バスの路線バスで乙女峠に向かいます。

8時15分に御殿場を出るバスしかないため、それにあわせて鉄道できました。バスの運転手さんはとても感じのよい方で、下山後に仙石原から強羅まで移動した際のバスの運転手さんも偶然同じ人でした。「今朝御殿場からご乗車になりましたよね~」とバスの中で会話。感じの良い方でした。

8時30分に乙女峠バス停に到着、記念撮影を済ませ、すぐさま登山開始。去年の陣馬山より出足はなだらかな斜面でした。5人でおしゃべりを楽しみながら登っていたのでした。

9時頃乙女峠に到着、ようやく視界が開けました。しばし休憩を取ることにしたのですが、ここで酒井さんに(大)アクシデントが発生、いつの間にか我々の視界から消えてしまったのでした。お互いに無線機を持っていますから、連絡は取れます。しばらくして「もうすぐ復帰します」との無線機からの声。15分ほどで(大)アクシデントは解消したようでした。

ここから、いよいよ本格的な登山がスタート、ゆっくり登ってはいましたが、どうも調子が出ない人がひとり(笑)、アクシデントが解消したはずの酒井さん。どうも息切れが激しく、その一因は荷物の重さのようでした。今日のために無線機を4台と一眼レフカメラを持参しかなり重い荷物になっていたのでした。

10時前に長尾山に到着の時点で、当クラブの唯一のアルピニスト北村さんが酒井さんの荷物も担いで登ってくれたのでした。北村さんは本格山岳移動もこなす方で、今日も荷物は15キロほど担いでいたようですが、全く問題なく二人分の荷物を担ぎ上げていたのでした。ありがとうございました。

11時前(予定より大幅に遅れて)に金時山山頂に到着。茶店の温かい食事をいただきながら、いよいよ移動運用の開始です。それぞれ持参した機材で移動運用を始めます。1200m以上の山のてっぺんですから電波の飛びは抜群。磯子区で待機中の当クラブ会員のJI1DXJ山田さん、金沢区で待機中のJL1KBS和田さんが自宅から呼んでいただいたのですが、小電力でも抜群の強さで金時山まで飛んできました。ありがとうございました。

アマチュア無線(2mSSB、430MHzFM)のほか、市民ラジオやデジタル簡易無線の移動運用も行い、2時間弱で全員で30局ぐらい交信できました。

下山は金時登山口側に下山したのですが、ここも膝が笑ってしまうぐらいの斜面でかなり難儀しました。(筆者津島も笑いっぱなしでした)

金時山登山口から仙石原まで歩き、バスで強羅に移動(今朝の感じのいい運転手さん)し、駅前の温泉旅館「強羅館」に立ち寄り、温泉を楽しんできました。硫黄泉のよいお湯なのですが、めちゃくちゃ熱くて難儀しました。強羅から登山電車で帰ってきたのですが、お風呂を出る時間がまちまちで帰りの登山電車で飲もうとしたビールとおつまみが無駄になってしまい、仕方なく酒井さんと津島で飲んでしまいました!やけ酒です!

とにかくいろいろなアクシデントもありましたが、楽しく新春1発目の移動運用を終えることができました。皆様も次回はご一緒にいかがですか?

20170103-01.jpg

20170103-02.jpg

20170103-03.jpg

20170103-09.jpg

20170103-05.jpg

20170103-06.jpg

20170103-07.jpg

20170103-08.jpg

20170103-09.jpg

20170103-10.jpg

20170103-11.jpg

20170103-12.jpg

20170103-13.jpg

20170103-14.jpg

20170103-15.jpg

20170103-16.jpg

20170103-17.jpg

20170103-18.jpg

20170103-19.jpg

20170103-20.jpg



横浜シーサイドハムクラブ(JJ1ZBO JARL登録11-1-065 横浜のハムサークル)


1(登山部) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]